ポエム
[TOP]
あかいつき
雨のあと

夜のまち

雲の切れ間にのぞかせた

月の光にあてられて

今宵私はなにになる
今宵私はなにになる

右手につかむ憎悪の剣で

対の首を掻き切った

血濡れた左手を闇にかかげて

物言わぬ涙はただただつたう

やがて私も真紅に染まり

ふと空をみあげて


あかい月が笑っていた


それが無性におかしくて

私も声をあげて笑った


高らかに


何処までも響くように
何時までも続くように

月が消えるまで笑った


常に雫を零したままで
18/05/01 19:36更新 / Yuki

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c