ポエム
[TOP]
むれ
日の光がぐらぐらと空気を拡散する
冷たい海から風がやってくる
黒いスーツのぽけっとに手をしまった人の群れがある
彼らの身体中から湯気があがり
電車の中はひどい匂い
私は目的もなく電車に乗り込んでしまい
彼らの残り香を嗅いでいる
私は冷たい海に向かっている
大きな海だ
冷えきった砂に足を入れて
魚達の死骸の匂いを嗅いでいる
…磯の香りだ
18/10/20 01:50更新 / ごったん

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」