ポエム
[TOP]
君に恋してたいんですっ
いくら声をかけても君は振り向いてくれなくて…
ムッとして
ほっぺを林檎みたいに赤く膨らませて
大きな声で呼んでも

やっぱり君は見もしない

あぁ。

背伸びして

かわいくして

いつもとはちょっと違う匂いの香水つけても

君は何も言ってくれなくて

隣を速足で歩く君を見上げて

手を繋ぎたいな

ギュッてしてほしいな

とか、思ってること君は知りもしないんでしょ!?
私の好きしか見えないよっ

もう、諦めようかな

って思うと必ず君はやって来て、無邪気な顔で笑いかけるの

ずるいよ

ほんと君はずるいよ

そんなんされたら離れらんないじゃん

君はずるいから
もうちょっとだけ、私は君を追いかけるよ

いつか追いついて
今度は私が君に笑いかけてやるんだからっ!!
17/02/07 14:46更新 / 亜栖羅

■作者メッセージ
あー、現実でこんなことおきないかなー
ま、私じゃあり得ないか-w

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」