ポエム
[TOP]
無我の理想郷
 風が言う。風の言葉で宇宙はふわりふわりと鮮やかに、無限の可能性の海を舞う。
 僕の美学で夢想し織り成すは小さな僕だけの幸せを、他の誰にも理解しえぬ幸福の園。
 唄よ響け響けと力強く鳴らし、さあ天高くまで這い上がれと叫び散らし、さあさあその唄お手元に来たのならそれを合図に御出でなさい。花を見せ可憐に美しく舞い喰らい尽くすのです。
 それはなんとも素晴らしいことでしょうか。理想をかたどるだけでただ縛られるだけの日々とはもうおさらば。さあこのとても綺麗な箱庭で永遠に、次元論の有り難き御言葉に身を任せ自由に沈んでいきましょう。
18/06/30 00:45更新 / 充電式沈没船

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c