ポエム
[TOP]
涙20
自分に対するむかつきのような優しさが湧いてきて、
あなたとならどこかに行ける。君が心配。性格が弱い?から。わたしだって弱くて、守ってほしいとすら言えないんだ。私は大丈夫、放って置いてもどこかに行かない。とも言ってあげられなかったんだ。いつでも、いつでも、言えると思ったんだ。そしてこんな処で憎しみの渦中に落ちたけどここが何かを達成するための苦悩なんだ。
でも全てを肯定してはいけないんだ。
君はどこかに遊びに行くべきで、それを掴んだりはしないから。苦いことだって、初めてのことだってする。わくわくとする。会うためにだ。逃げないよ、会いたかったこととして終わらせるのは早いんだ。
無鉄砲でいい、無鉄砲がいい、このまま行ける、知ってる。神様ありがとう。
、だ。
私は私達のストーリーを感じたい。まだ続きだもの。
19/05/05 19:52更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c