ポエム
[TOP]
悪役令嬢、闇に潜み、夜の街に生きて

0 序としての呼びかけ


ねぇ、姫たち?

貴女方はわたくしのこと、悪役って、思ってるみたいですね。

でもね、あたくしの生きてきた闇もまた、貴女方の知らない夜の街なのです。

ええ、むろんあたしは、もはや令嬢と呼んでもらえる全ての資格も権利も持ち合わせていないわ。

ただ、あたしの堕ちた闇にまだけがれていない貴女方が堕ちないことだけは、祈りますわ。

べっつに、慈愛や慈悲の心じゃなくってよ。

ただ、あたしが、見たくないだけ、そんな姫たちの姿を。
姿をみて、いや〜な気持ちになりたくないだけ。

ですから、貴女方の知らない夜は、わたくしひとりが引き受けていますから、貴女方は、まっすぐに白く大きな都会のどこかで元気に、夜を過ごして、ゆっくりとお休みなさい?

できるだけ、きれいな寝息をたてて、ね?






1 《生き埋め姫》と名乗ったおんな

忘れがちだけど人って人に
好かれるために努力しているんだ
願いを叶えるために。

好かれることを放棄する
気楽な人もなかにはいるけど、ね、あたし?


あたしの堕ちた闇は
乾いた砂漠のようで
そんなことよりただ自分が
大事なだけだった
砂に埋もれきってしまわないよう
それだけを自身に命じて
生きてきた
血ぬられた嘘や偽り
妬み嫉みそういう負の感情を
空気のように吸って
生きてきた

それだけで
ようやく
生きて来れた
みんなのような華奢で可憐な
お姫さまじゃ
なかった

忘れがちだけど人って人に
好かれるために努力しているんだ
けれど、とある願いを叶えるため
ただそれだけのために
好かれることを放棄する
気楽な人もなかにはいるけど、ね、あたし?



貴女方はそんな風には
おなりにならないで。
ね?
落ちる必要のない穴になんて
落ちちゃ駄目ですわ。
わたくしはもしかしたら
とんでもなく弱かったのかもしれませんわ、

日常から
外れることなんて、しちゃ駄目ですの。

わたくしみたいな割れたグラス
(ちょっと、自分を良くいいすぎ?)
にならないためにも、ね?

あなたは、そのままでいいと思うの
自分を信じてあげて
自分をたやすく売らないで
そして
ねぇ、
あたしのおバカなおはなし聞いて
笑ってよ、
ね、姫?

あたしは、そう、
姫は姫でも、
《生き埋め姫》と名乗ったおんな。






2 生き埋め姫、推参

(できるだけ短歌調で、お読みくださいませ)



助けてと
魂切(たまぎ)る声で 叫んだの
遠い風景 夢の中だけ


人形の
ようだといわれた こともない
信じず 愛さず やって来たけど


好きだった
わけなく惨めな気持ちのときも
自分を好きでいられたあの頃


泣き出すし
ひとりで生きていくための
いちばん綺麗な こころが欲しくて


ああ だから
助けて欲しいとのぞんだの
お願いですから あたしに言葉を


嘘みたい
こんなになるまで 弱かった?
星の見方も しってた はずよね


星ひとつ
見えない絶望 知らないふりして
はしゃいで はしゃぎきり 明日は信じた



ひとりでも
生きていけると誇った日
生き埋められても 歯をむき 笑った






3 そして、きれいな寝息で


生まれ育ったあの街から離れ
この無駄に騒がしい、白い都会で過ごす
いまこのとき
何人の女性の方が、
どこで、どれほど、泣いているのだろう
どんな目にあって。

そしてどんな目にあったとしても
そんなに簡単に
思いどおりにはなりはしないから

思いどおりにしようとも、願えなかった。

願えないまま、風吹くたそがれに遠い目が乾く。



あしたが来ない夜を
すごしたこと、おあり?

わたくしはあります、決して明けない。

だから、夜を、生きるのです。


だからですよ。
だから、人に好かれるかどうかは問題じゃあ、ない
ほんとうに、やりたいかどうか──ですよ
ですよ、ね?

こころに闇なき気楽な姫よ、どうか
貴女がどうか、汚されてしまいませんように
いつも
綺麗な寝息で 、眠れますように。





19/10/29 21:33更新 / 花澤悠

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c