ポエム
[TOP]
あかいろの空 灰色の月
優しい言葉の欠片を拾い集める
どれも既に賞味期限切れだ
誰に宛てた物ともわからないそれらを
君は慈しむように見つめる
「自分宛てじゃないから安心なの」
夢の中でしか生きられない君を
僕はただ見ている

鮮やかな世界の中で
息をひそめてやり過ごす
色のない世界が始まる頃
ガラクタに想いを馳せて
君は詠う
囁きのような
今にも消えそうな声で

君の声が聴きたい
あのあかいろの空のように
美しくもなく
不恰好な小石のような
君の声が聴きたい
19/04/17 01:26更新 / 由真香

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c