ポエム
[TOP]
たかが、我が人生
明日の自分の為だけに
書き溜めてきた詩の数

読み返してなんか満足して、って
冷静にそれどんな気分だよ

起きたとき、
ため息が出るほど飽きているのに
爪を切って、
歯を磨いて、
顔を洗って、

気づいたら床がびしょびしょなので、
靴下でフキフキする。

煙草が吸いたいけど、
最後の一本はさっき吸い終わったばかり。

仕方がないから外に出て、
そのまま電車に乗ってしまうのだ。


好きな事を仕事にしたいとか、
その気持ちが何よりも大切だとか、
誰かの役に立ちたいんだとか、

全部自分が言ったことだけど。

この人生にストーリーが欲しいとか、
昨日より凄い自分でありたいとか、
明日の幸せの為に毎日少しずつ頑張ろうとか、

激しく面倒くさいわけで。

好きになるのをやめたい、
変わるも、変わらないも苦痛、
でも結局、全部ちょっとずつ変わるから、

頭が痛い


意味ない時間
意味ない好意
意味ない憧憬
意味ない人生

これは、ただの愚痴

たかが、我が時間
たかが、我が憧憬
たかが、我が好意
たかが、我が人生

意味ない命

穴を開けないように、
代わりに棚に収まってる、
値札の貼られない命。

目を瞑っても、くだらないこと考えないように、
全部、明日の自分へ詩にします。
19/08/26 02:03更新 / アンタレス

■作者メッセージ
想像するだけで、太陽が眩しい午前2時

何もやる気がおきまへん

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c