ポエム
[TOP]
White Rose
君は花のような人だ
長くふんわりと揺れる髪
君とすれ違う度に
髪から漂う香り
花のようなその香りが
僕の鼻をくすぐる

目が合えば
ふわりと微笑む君
それはどこか儚げで
僕の目の前から
いなくなってしまいそうで
なぜか怖くなる

君は目の前にいるのに
どこか遠かった
いつもの優しい笑顔
白く透き通った肌
林檎のように赤い唇
耳に髪をかける仕草でさえ
僕の心を掻き乱すんだ

僕のものになったら
どれだけいいだろう
君は純粋で真っ白で
どこも汚れていない
そんな君の傍に
僕が居てしまったら
君は染まってしまうだろう

いつか君に恋人が
出来てしまうまで
僕が君のことを
守ると誓うよ
真っ黒な僕は
君だけの夜になるんだ
19/12/22 15:27更新 / 井中冬夜


■作者メッセージ
ある小説の中の青年の話。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c