ポエム
[TOP]
父と母を喪くして
父も母も逝き
人間の生きざま 死にざまを思う

良く生きようと頑張っても
必ず終わりは来る
頑張れば頑張るほど
人生は短く感じる

だからといって
適当に過ごすには
人生は長く感じるはず

父は自分の生きざまに
満足して逝ったのだろうか
管を入れた、声のない口で言った
「あ、り、が、と、う」が最期の言葉となった

母はどうだったのか
急に旅立って
心残りは無かっただろうか

今となっては
父の遺影の横に並ぶ母の写真が
「お待たせ」と
微笑んでいるように見える

亡くなって
自分の心の中に
より強く、その存在を感じる父

亡くなったことを思わず
ふいに 母に話そうとして
ああ そうだ、
もういないんだった、と
涙がこぼれる

自分の血と肉をつくってくれた父と母
死して なお
より深く
自分の中に生き続ける

20/02/14 06:58更新 / 姫沙羅


談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c