ポエム
[TOP]
あなたはズルい
あなたはズルい。

それがわざとなのか、わざとじゃないかなんて私には分からないけど…。

そのズルさは誰に習ったんだろね。
私が聞いたことには答えずに言いたいことだけ言って
既読をつけたままにして私をほっといて寝る。

だから今日もまた気になってあなたを想って寝れない。

忘れっぽい私だけど、あなたに教えてもらってからは新聞の詩の欄は必ず読んでるんだよ。

詩を読みたい気持ち半分と、素敵な詩があったらあなたとの話のきっかけになるからというよこしまな気持ち半分。

あなたとやり取りしてない間、あなたが教えてくれた歌を聞く。

出だしのピアノの音が始まった瞬間に心がドキドキして、歌が始まると聞き逃さないように歌詞を聞く。

あぁ、あなたと同じ歌を聞いてるんだなって嬉しくなって、まるであなたと同じ時間を過ごしたように思えるから。
あなたがこの歌を聞いた時間に、心を重ねていく。
そんな気持ちになるの。

自然に歌を口ずさむ自分に気づいた時、ささやかな幸せが私の中で育っていく。


あなたが大好きな歌の歌詞を教えてくれたけど、

「「好き」という言葉はその人にあげちゃったから」

私はあなたのその言葉が、どんな歌の歌詞よりも好きだと思ったよ。



19/03/26 18:37更新 / リリス

■作者メッセージ
読んでくださりありがとうございます。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c