ポエム
[TOP]
忘却
西洋の霊界の一角を旅。歯の抜けたままのおじいちゃんだ
一生懸命歯を探し続けていちゃもんを
正しいと言うし
心がないのが自由だって言っていた
自分に心がないのに人の心に触れるわけがない
私は触らせなかった
私達と同じように憎しみを持ちなさい
願いがこれで、としか言えないで Can notが多すぎる
出来ない歯 出てこない歯
落とし物のせいで前に進めない目 ふし穴
それでも歯を探す力は生まれた赤子のように強く 私はふんずけれ押し退かれた
私はそんな愛もなく、子供のまま育った年寄りが地獄に落ちる事を
自然だと思い、すり鉢で擦られる姿を落ち着いて見ていた






19/04/30 22:29更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c