ポエム
[TOP]
ふたりでも孤独に震える

まえがき
(一応、俳句のつもりで作った詩です。)




恋割れた悲しい夜に稲光り


名月をよごしてごめんと淡い雲


失恋に馴染まないよう柿を食う


牛乳を飲み干す高い空見上げ



オリオンをよるの真水のようにのむ


ただひとりおちてほしいな寒椿


かいわない枯れ木のようなふたりきり


白い息ふたりはきだす寒い居間


雪見酒飲んだあのころ夢もみた


いまはもう炬燵の孤独に熔けている


ふたりでも孤独に震える寒雀


深雪を映す鏡が割れている


すべて捨てゆきたいけれどかたい雪





あとがき
(お読みくださり誠に有難うございます。
またお会いできる日を楽しみにしています。
でわ。)


19/10/18 07:16更新 / 花澤悠

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c