ポエム
[TOP]
空漠
汚れないTシャツに珈琲をこぼしつづける朝があって
非常口で星を名付けつづける夜があって
眠る前の寂しさがずっと



感傷に浸っていたらサイレンが鳴った。
死と隣り合わせの今を知る。
20/01/03 03:37更新 / 辻葉冷弧


■作者メッセージ
緊急地震速報かと思ったけど何だろう
かいてる途中で怖かった


あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c