ポエム
[TOP]
偽善的?どうだろうね
私の中にあるのは
君への
恋や愛や独占欲や嫉妬心や
伝えきれないくらいの感謝や
伝えられない依存性が
殆どを占めている
だから
君以外の人間には平等であろうと
強くそれを自分自身に課していて
困っている人がいたら手を差し伸べたり
悩んでいる人がいたら話を聞いたり
趣味を分かち合ったり
君以外が特別にならないように
性別や年齢の垣根なく
動いてしまう時がある
そんな私を君はたぶん
八方美人だ
と言うのだろうし
私はそれに悩んだりしたけれど
君を特別に思わないことよりは
君以外を特別に思わないことの方が
遥かに簡単だと思っている
好かれたとしても
嫌われたとしても
例えば性別や年齢を理由にして
平等に接することが出来ない自分を
数時間後や明日の私は
嫌うだろう
相手にどう思われるかを全く気にしないような
それなのに
君からどう思われるかは凄く気にするような
勘違いさえ生みそうな行為を
平等
という言葉の元にすべて隠している
私が私足り得るのは
君を特別に思いたい自分がいるからだ
それがどんな結末を生もうとも
程度の差はあれ
君以外を愛したりはしない
それだけが今の私を突き動かしている
20/01/23 17:04更新 / 雨月 涙空

談話室


■作者メッセージ
私の信条は
「やらない善よりやる偽善」です
いや、なんか駄目なやつですね
勿論全部平等は出来てないんです。ただ気持ちと行為は噛み合わせたい、みたいな所があって。
だから、優しい、と言われると少し悩んでしまいます。嬉しいんですけどね、

いつも閲覧ありがとうございます(^O^)/

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c