ポエム
[TOP]
思いつき、再び
これは思いつきのはずだった
これは一過性のもののはずだった
もしそれでも続けるなら
それはそれでいい
思いつき尽きるまで向き合うとしよう
19/09/22 00:11更新 / サンドマン

■作者メッセージ
少し、自分語りを。
それこそ、思いつきで1週間くらい詩の投稿をやめてみました。
この1週間で感じたのは、詩を書くことで自分は毎日の出来事を消化していたんだな、ということ。
リアルの人間関係の延長線上のSNSでは消化しきれないことを、拙いながらも詩としてここに投稿させてもらうことで消化していたのかな、と。
時には、綺麗ではない言葉で誰かを不快にさせていたのかも。
それでも、この思いつきはやめたくないな、と思います。

これは多大なる感謝と申し訳程度の謝罪とこれからとこれまでの自分の意志として。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c