ポエム
[TOP]
漣越えて一雫
海の中へ涙を一雫垂らし
自分を探させない意地悪をする

沈んで行くうちにそれが
弾ける熱い命となるなら
回帰を繰り返す漣となり
躯を打ちつける雫となり
倒れた君の元に辿り着く

けれどその雫を掴ませない
だって意地悪だから
やがて目指すものは
君だけじゃないから

ただこれだけは言える
もし普く海を全て探し回る者がいたら
その愚かさは確実に自分を打ち砕くだろう

今は耳を打つ音が聞こえるだけ
そこに悲鳴が混じることもない
15/10/07 18:48更新 / キョーカ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」