ポエム
[TOP]
その猫、野性モノにつき 2

2

(猫ムスメのこと)

猫ムスメなんて、べつに好きなんかじゃなかった。
じっさい、道端出会っても、にらみ合ったり
威嚇されたり、無視されたり、逃げられたり
べつにあの女に触れて(気持ちの話)、
なにかいいことが起こったことなんて
かつていちどもなかった気がする。

特に、あのへんな名前をつけられたのは、
嫌だったし。
家出をして、飢え死にしたくなるくらい、
いやぁな気になったし。
実際ひとりで家を出たことも、しばしばあったよ。

子供の頃にそう呼ばれ始めてから、
酸いも甘いも噛み分けた大人になっても、
それは変わらない。



ただ、猫ムスメにあってしまって、
いつの間にか、その女のことが気になり出して、
そっからこっち、
この部屋に同居しているから、
なんか家族みたいな気持ちが芽生えて来て、
けれどけっして恋とかじゃないって
確認を何度も何度もとっても、
かつての冷たい態度を謝りたいくらい、
愛おしくなってしまっているということ。

嘘みたいで、信じられないよ、
自分のこころながら、
どうしちまったって、いうんだ?
これじゃあ、まるで、洗脳じゃない?
いい加減に、しなきゃ、ね?
それもこれも、
みんな、猫ムスメが悪いんだ。

悪いんだからね?

責任とってよね?

◎◎◎◎、おまえのことだよ?







19/10/04 03:49更新 / 花澤悠

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c