ポエム
[TOP]
不身体
先生が声は
今も鮮明に
耳奥で響く

「君の詩には身体がない」

首から下が土の中
身動きは取れない
見ゆるものだけが


私のすべて


触れられない
想像するだけ
情報に等しく


「私の詩には進退がない」


私は筆を捨て
何の思惑なく
鐫を手にした


刻むは永遠



17/03/10 11:48更新 / nob

■作者メッセージ
鐫(のみ)
不身体=nobody(nob)=誰でもない

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c