ポエム
[TOP]
愛のレトリック7
引っ越しの謎々BOX

(愛は)

俺はそれを時にかんがえる

俺にはまだ自己認識がないといった…
俺はどこか 花嫁を連想してる
この、こう俺が自己認識をしたとしたら…?
それでもあのひとの可憐な瞳がほしい
しかし淫らにまよう


この俺は老いたがこの上なく美しい一反の生をあるいた気だ
ただ一瞬の合点でも
俺からはいつも遠いもの
自分にはこない未来と思い
あきらめた俺の優しさを祈るためだ


鏡の中にいるとき、この上なく俺は美しいような気がした
あの女と暮らすこと
亭主となり客という客から消滅する
あの女のちからに
俺は消滅を必ず決め込む

兄貴 どうかその空を忘れるなよ

冷蔵庫

メモ
成りたい私に成れてますか?
19/04/14 20:53更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c