ポエム
[TOP]
金属ベッドの人魚姫
朝方、泡に埋もれて目を覚ます
消えていた
どこまでも白い
はかない体温
弾き出された汚れはもうここにはいない
浅い呼吸を繰り返して、
太陽が遠ざかって、
音が響いて、
沈んだ

そこにわたしだけ
19/09/29 01:26更新 / 辻葉冷弧

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c