ポエム
[TOP]
在りし
イヤホン越しにあなたが生きていて
今日の自分の存在を知る

夜明けを見て朝焼けを見られない
中途半端な日々の話

そんな話

蛇口をひねれば夢が沸き出て
扇風機で憂いが吹き飛ぶ

そんな話

音楽プレイヤーが眠らせてくれるのは時間感覚で
偏った部屋は現実の声を消そうとやっきになっている

そこにあなたはいないから


今日も空は貼りつけたように真っ青で
祝福するかのように暖かな日差しが
ただ
ありました。
19/09/26 17:55更新 / 辻葉冷弧

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c