ポエム
[TOP]
春3
君よ、もういいよ。そんなに働かなくて。
老いている。君は。
過去は過去。神様に欲望することが残ったな。当然だよ。
過去、春か、
睨む目はなんだろね、君か誰かわからないけど威圧する態度。
怖かったよ。ぐるぐると頭の上に渦があった。
私はいつも通り笑顔だよ。胸が痛いけど頑張ってね。
こうして無償の愛を提供するのははじめからのことだからね。
ほんとに私、うさぎみたいに可愛らしいんだから、それは別にして取っておいてね。
19/04/13 13:39更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c