ポエム
[TOP]
黙秘の理由
君の優しさは重々承知の上でお願いするよ
僕の沈黙を破るために手を差し伸べないで
口を開けば呪いの言葉が溢れ出る気がする
流れる川のように留まることはきっとない
だから僕は黙って時が過ぎるのを待つだけ
腹の内で誰かを傷付ける言葉が渦巻くから
何でもないフリの笑顔で同意を示し続ける
19/08/14 00:50更新 / サンドマン

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c