ポエム
[TOP]
『ただれる月夜』『苦い月』


『ただれる月夜』

松川の
駅に到着した方の
きらめく白刃陽光を受け

変わらない
昔を思い出す癖は
スプーンを使って流し込むだけ

次の人
捜す力も気もなくて
悪人だと知るただれる月夜に

年を知り
冷たい風と恋をして
悲鳴のような喘ぎを聴こうか



『苦い月』

罪を知り
なぜと問われる苛立ちに
殺してくれよとあかね空みて

苦い月、叶う夢などない夜は
コオロギがなく
河べり小道

青い月、あの頃の夢忘れ去り
逆さに震える
真実の人

人ひとり
歩き歩きで気がつけば
ひとりになって
泣いた鬼いて



叫び出す
あるいは未来を殺す眼で
白刃かざして泣かない誓いか




19/09/24 22:18更新 / 花澤悠

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c