ポエム
[TOP]
幻想の風


幻想。



朔月の
残滓は影にすいこまれ
ただ星空が広がっていた


リモコンを
探してみつからない夜は
あなたに逢いたい、長いし、寒い


そんな顔
しないでいつか望むなら
必ず狂い死ねるから、春


空だって、
飛べるよ風にさえ乗れば
震える、切り立つ、孤独をこらえて


空は飛ぶ。
あゝ、それにしても、騙されて
もうしんじない愛でも欲しい。


酒瓶を
片手に安酒かっ喰らい
みえない想いを、みつけた気になる




風、吹く、夜。




世界カラ
ハジカレワタシハ、影デスカ?
アナタノ闇夜ニ、ヒソンデイル風





19/09/17 15:20更新 / 花澤悠

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c