ポエム
[TOP]
鏡の前に立つ僕
昔の僕に似ている君

君と話しているとなんだか
懐かしい気持ちになる。

自信に満ちた瞳。
怖いもの知らずの心。

そんな君は今日心が折れかけていたね。

あと時の自信に満ちた瞳。
怖いもの知らずの心は、
そこにはなかった。

僕は君にこう伝えた。

『今日が新たな第一歩を踏み出す日だ!』と、
君は大粒の涙を流していたね。

僕は鏡を見ているようだった。

君はきっと強くなる!

将来が楽しみだと感じた瞬間だった。

20/01/31 23:11更新 / 深海


談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c