ポエム
[TOP]
咲き誇る。
今 最も受け入れたくないこと

その背中を見送る準備を 淡々と 進めていること

冬の寒さの中 歌いたくもない歌を歌っている 幼稚なわたしは
いとも簡単に置いて行かれる

桜の下で まるで愛が芽吹くように わたしたちは惹かれあったのに

桜の下で 涙を流すことを 心から望むことはできない

先輩。共に過ごすのもあと二ヶ月

わたしにとっては一秒と同じくらい短い時間に感じる

一秒与えられているだけでも幸せなのかもしれない

時が経って 一秒が経って

別れを告げる間もないまま 先輩は先輩じゃなくなる。


桜が 咲き誇る。
20/01/03 10:30更新 / 天名


■作者メッセージ
学生さんは、三学期から卒業式の準備が本格的に始動して忙しいですが、頑張りましょう。大切な先輩に別れを告げるのも忘れないでくださいね。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c