ポエム
[TOP]
甘露
柑橘系を絞って滲み出た汁

蒲公英の花から削り取った蜂の蜜

よく噛んだ米粒 黄金色に焼いたパンケーキ

合成着色料と併せて出来たような甘露のように

甘ったるい愛情を玉露に溶かして注ぐ

融解する愛情 飽和する眠気と共に確かに染み込む心地良さ

むわっと薫る薫衣草の匂いが煙脂のそれとよく似ている

それはまるで魔法使いの魔法のように魅力的なのに

何故か何にも感じさせないのは僕の心が燻っているからか

ドロっという甘い舌触りがいつまでもいつの日も喉の奥から吐き出せないのは

あのシロップのように僕の考えが甘かったからか

今日もまた舌鼓を打って甘いものに目が眩む

ささやかな甘い蜜に酔いしれる

軈てそれは濃縮されたアルコールに換わって病み付きにさせるだろう

ああ……街を歩けばそこにある

心地良い音色

心地良い名画

心地良い衝動

心地良い体温

心地良い眠気

心地良い感動

心地良い疲労

心地良い未来

心地良い美しさ

心地良い鼓動

心地良いあなたよ


今日もまた飴を舐め続けよう

今日も心地良い日々が待っている







18/10/28 08:53更新 / カフカ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c