ポエム
[TOP]
突然、あの川に無性に行きたくなった。

なぜかな。

なんの変哲もない地元の川。



小さい頃は大切な遊び場だった。
生き物がたくさんいて。
砂辺で花火をしたりして。


大雨で氾濫しかけて不安にさせられたこともあったっけ。

あまりきれいじゃない川なのに。
学校帰りにパンツで泳いだりして。

家族で遊びにきてた人の車が
砂にはまって、
みんなで悪戦苦闘して助けたこともあったっけ。
あまり役にはたってなかったような…

水の流れる音に癒されたりもして。

なんとなく見ているだけで落ち着いた。

刹那に移ろうその川をみて
励まされたこともあったかな。



深くもないし、大きくもない。
きれいでもないし。
なにがあるわけでもない。

でも
僕は時々、
あの頃のあの川みたいになりたいなって
思ったりするんだ。



海みたいなあなたに
なにかをはこべるような。

時々不安にさせても、
誰かに寄り添ってもらえるような。

小さい命を守って
よりどころになるような。

深くなくても
大きくなくても
そこにあるだけで誰かに安心してもらえるような

誰かの想い出の中に優しく在りつづけるような。



そんな、あの川みたいになりたいな
なんておこがましく
思ったりしてるんだ。
19/03/21 01:23更新 / でぶっきー

■作者メッセージ
感想いただけるととても嬉しいです。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c