ポエム
[TOP]
style
ノートの切れ端に
小さな絵空事を書いては
破り捨て結局葬るんだ

あまりにも嬉しくて
快楽の泉に浸ってしまうよ
あまりにもつまらなくて
目の前の壁を睨んでしまうよ

一人で演出して
一人で盛り上がっている
そんな日常が
僕を幸せにしてくれている

生きているだけで革命だ
思い描くだけで人生だ
そしていつもの太陽が
狂った僕を照らしていく…
19/10/13 06:14更新 / Pure Blue

■作者メッセージ
制作 2018年3月
テーマ 詩のテーマソングみたいなやつ
☆仮タイトルは「【我】」。詩活動のアンセムみたいな詩を書こうと思い制作した詩。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c