ポエム
[TOP]
浅はか


「死ね」と心の中に思った
伝える術も、自分の心をおしなだめる術や、言うことがわからない時、言うことが纏めることができない時、
「死ね」と思うしかないのだろう。

私はよく男に騙されていて、
疑い、私の生まれたところです。
だから信じるには一歩深いのかもしれない。
理想が美しく、自分に騙されたのかもしれない。
いつも何かに欲望している彼の選択に同意出来ないし、
騙されたと思い込んでしまったのかもしれない。
私はいつも逃げられる。
神になりきれない神と、ため息と、達磨。そしてまだ待ってる。
そして小さな大阪人でいたい。
18/11/24 12:02更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c