ポエム
[TOP]
私を見るのは鏡だけ
目を覚ますとまたそこには私の手があり足がある
浅瀬で溺れるような夢を見て窒息して飛び起きて
即座に纏う倦怠感を無理矢理擦っても目は覚めない
私は誰だろう?
よく効く麻酔を打つことは私が私であるためだ
掻き毟ってやめてまた掻き毟って
私の細胞はとっくに
人間をやめてしまったのかもしれない
誰も居ない夜、冷える浴室の中、
鏡の中には麻酔の切れた誰かがいる
私の体を見れるのは鏡だけ
20/01/16 13:35更新 / きさらぎなつき


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c