ポエム
[TOP]
Misty river/霧深い運河(創作)
When I was young ,I thought that about tihs river

"What's an beutiful".

(私がまだ子供の頃、その運河を見て「なんて綺麗なんだろう」と思った。)

But I didn't know what it is.

(だが私はそれが何かすら知らなかった。)

I asked my father"Dad,what is this river?

(「お父さん、これって何の河なの?」と父に聞いてみた。)

He just answered"A ticket to the hell"

(「地獄への片道切符さ。」父はそう答えたきりだった。)


"The hell?...It's too scary.Well,why is it so beautiful?"

(「地獄?…怖いね。でもじゃあ、何でこんなに綺麗なの?」)

"Haha,beause you have a beautiful mined."Just he finished to say that,
he hold me tight.

(「はは、お前の心が綺麗だからだよ。」父はそう言うと、私をきつく抱きしめた。)

"Oh sorry,now it's time to work..." Then,he've gone.

(「ごめんよ、もう仕事の時間だ。」そして父は逝ってしまった。)

He is died on "World WarU".He's a crew of the Battle Sip YAMATO.

(私の父は第二次世界大戦で亡くなった。戦艦大和の砲雷長だったらしい。)

I scattered his remains with my mother to the river.

(母とともに、父の遺骨を運河に散骨した。)

I remember that river was stangant only that day.

(その日だけは運河が淀んで見えたのを覚えている。)

I heard it before the end of the war,the river is used to military supplies.

(終戦後に聞いたのだが、あの運河は軍の物資補給用だったらしい。)




19/12/30 18:27更新 / 椛島康介


■作者メッセージ
海外の方にも(もしいるなら)読んで頂きたく英語で書いてみました。()は日本語訳ですが直訳ではないです。日本語のように上手くはいきませんね。
海上戦で戦死したのに遺骨って変ですが、運よく回収されたということにしてください。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c