ポエム
[TOP]
疲弊
やがて夜の帳が落ちる頃、漸く目覚めつつも、未だに疲弊してゐた此の心身には睡眠不足は否めず、何かを貪り食って再び眠りに落ちたのだが、夢魔が夢世界を攪乱し、この意識なる不可思議な存在を《吾》と名指す以前に、夢魔は「私」らしい意識、つまり、自意識なる《もの》を追ふのである、その時、自意識は夢現の境に宙ぶらりんにありながら、余りの疲弊に意識は意識にのめり込むやうに潰滅を始める、そんな苦痛に意識は置かれると最早意識が屹立するには手遅れで、意識は無意識に溶け込む、さうして無意識に鬱勃と生滅する「私」の《異形の吾》は今も幽かに残ってゐた《吾》為る意識の断片を喰らっては、一息つくのである。

やがて、真夜中に目が覚める時、「私」の意識は、夢魔に喰ひ散らかされた《異形の吾》の残滓を後片付けする為に意識を総浚ひしてみて、夢の断片の粗探しするのであるが、最早夢にかつての神通力がなくなってゐることを実感しつつ、それでも何か「意味」が転がってゐないかどうかを確認し、何にも《五蘊場》にないがらんどうを《内眼》で凝視するのであった。
19/11/05 04:03更新 / 積 緋露雪

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c