ポエム
[TOP]
不安という呪い
小さな頃に私は考えた
私が死んだときのこと
意識がなくなったあとのこと
いつかそんな日が来るなんて
私は怖くて眠れなくなった

少し大きくなり私はまた考えた
いつか来る大地震のこと
家が崩れて潰れる私のこと
それはどれほど痛いだろう
私はいつの間にか泣いていた

高校生になって私はまたまた考えた
いつか自立したときのこと
少しでも安心できる生き方のこと
私は考えなしに勉強をした
それで高校の思い出は勉強だけ

恋人ができた私は懲りずにまた考えた
永遠に続く愛のこと
信じて裏切られたあとのこと
どれだけ傷ついてしまうだろう
私は食欲がなくなった

不安に沈み続けて私は思った
不安は底なし沼だ
解くことができない永遠の呪いだ
不安に負けずに楽しむべきだった
私は今、前を向くことにした
前を向ける瞬間を
死ぬまで繋げたなら
私はきっと幸せだから
19/06/26 17:24更新 / 空雲上

■作者メッセージ
考えてみたら不安になってばかりでした。それが私の動力になっていました。何をしても楽しくないわけですよね。

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c