ポエム
[TOP]
君がいただけ
生きていくためにかけた色眼鏡が少しずつ濁っていくたびに
誰かに優しくなれる気がしていた午後四時

思い出していた。

涙に澄んでいく。
19/07/12 23:37更新 / 辻葉冷弧

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c