ポエム
[TOP]
結局
僕のすべては君に見て欲しいのに、君は僕を見ないんだね。君が生きているならそれがいいと思っているし、僕が生きていても君の何にもなれないのだと思う。それは失望ですらない感情。失望というのは期待があるから生まれる感情で、僕は君に期待なんて感情を抱きはしない。だから僕のこれは失望じゃない。ただ、少し寂しいだけだ。僕は君の何かになりたいのに、君はそれを必要としない。君だけに見て欲しいのに君にそんな暇はない。どこでなら交われるんだろう。どうして僕はこんなにも君が好きなんだろう。君じゃなきゃ駄目だと思うのだろう。それでも君が生きられる場所があるならいい、だなんて僕は本当にお人好しが過ぎるかな。君と僕の歯車が噛み合う時は来るのかな。なんて、懲りずに僕は君を想う。君に必要とされる人間でありたいと思うのはおかしなことだろうか。君の中に僕の居場所があるならいい。いつだって僕はそればかりを望んでいるんだ。
19/12/28 10:46更新 / 涙空


■作者メッセージ
久々に連絡が来たと思ったら、無力を痛感させられる、なんて、何とも悲しいものですね。

いつも閲覧、投票ありがとうございます(^O^)/

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c