ポエム
[TOP]
私と寂しい蛇の話

蛇が好きだ
蛇が好きだといっていたら

蛇に好かれてしまった。

蛇が好きだ
とはいっていたが、
ほんとうに
恋愛対象としての好き、
とはちがってだね、
皆んなが、嫌いっていうから
天邪鬼な心がムクムクわき起こって
私だけは、好き、といってあげる
みたいな「好き」だったのに、
なんか話がどんどん大きくなっちゃって、
私が蛇に惚れているみたいな、ね?

蛇は、寂しい《ひとり》に
耐えかねていたので、
その話を知って
急いで私のもとに這ってやってきて
立ち上がって私の眼を見て
「つきあってやってもいいんだぜ」
て、上からのものの言い方。

ムカついたんで、
地べたに這わせなおして
べつに惚れてるわけじゃない旨、
こんこんと言って聞かせたんだけど
(それこそ、物理的にも上からの目線で)
ヤツ、必死なので、こっちの言う事
ちっとも、聞きゃしないのさ。

面倒くさくなって、
なら、
お互い形だけの恋人ってことで
手をうったんだけど、
なーんか、調子に乗って、その後も
ほんものの恋人づらすることもあったりして、
そのたびに、
地べたに這わせなおして
こんこんとお仕置きタイムしてやるんだけど、
ヤツ、冷血動物だから、
なーんか、鈍感みたいで。

いまは、へんな
恋人生活っぽいのしてる。

あ、
むろん、関係なんてないよ。
同居もしてないし。

ただ、やっぱり少しだけ、
情が移ってしまってるかな、
とは、思ってる。



19/08/10 08:37更新 / 花澤悠

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c