ポエム
[TOP]
信仰告白
女が一人運ばれてゆく
見送りに関わらず、彼女は孤独である
天井を睨みつけ
手をぎゅっと握りしめ
彼女は少しだけ貧乏くじを引いたことを恨む
慣れたフリをした息苦しさが
芯に響く重い痛みと共にやって来る
息を懸命に整える
羞恥を忘れてふんばっていきむ
街でこの場の人間どもには会いたくないと心底思う
理不尽な苦しみや痛みなるものがあると信じる
オキシトシンの効用などを信じた自分を憎む
ヨブの逸話の意味を理解する
我が子と共に生きる事は苦しみである
そうであっても構わないのか?
熱い熱い痛みの元が信仰を問いかける
大丈夫
もう、頭の隅っこで
どうやって笑いかければいいかを考えている
18/05/02 21:12更新 / とり

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c