ポエム
[TOP]
闇の河
川岸は深い闇に包まれていた
水面も草花も全てが暗さに満ちていた
そして、その川はどうやら私にしか見えていないみたいだ

河川敷の固い地面に座ってただ眺めていた
暗闇をそのまま映しだす川に
規則的に並ぶ星々が小さく輝いている

私は知らない間にどこか違う惑星に紛れ込んでしまったらしい
数えきれないほどの星たちが等間隔に並んでいる世界に

もう聞こえない
人々の声は
星たちが無言の叫びを発しているのみ
20/02/09 12:02更新 / らん


■作者メッセージ
間違って同じものを二回公開してしまい、もう一つの方を非公開にしました。。。
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c