ポエム
[TOP]
僕をさ
僕を大事にしてくれるなら、誰よりも何よりも優先してよ。僕が寂しいと言ったらすぐに会いに来て、それが無理なら声を聴かせて。大事な人でも種類が違うと言うのなら一番じゃなくてもいい。けれど、君の中の一等特別な何かにはなってみたい。友達でも親友でも恋人でもいい。
僕は君を一番大切にする。君を一番に優先する。友達より親友より恋人より「君」を優先するよ。それもう家族だろってくらい大事にする。
だから、ってわけではないけれど、君の中の感情、何か一つを僕に独占させてくれ。どんな時でも、とは言わない。ただ君の中の、一等大切な何かに僕がなれるなら、僕はそれになりたい。嫉妬も独占欲も綯い交ぜにして、君の一番になれたならいいのに。
何に、というわけではないけれど、僕は君に飢えているんだ。
19/12/20 16:46更新 / 涙空


■作者メッセージ
嫉妬深くて嫌になります。それを相手にぶつけることをしないから尚更。
そしてやっぱり私には、詩だけ、なんだろうなと思いました。

いつも閲覧、投票ありがとうございます(^O^)/

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c