ポエム
[TOP]
錯乱
また不安が頭をよぎる 時計の針が近づく
錯乱状態 トランス状態 逃げられない
眠りから覚めたら 真っ暗な朝が訪れる

歩幅の狭い 曲がった背中 死期が訪れているような若輩者
ため息は不幸を呼ぶけど 冷や汗を消し去るためにまた嘆き苦しむ

都会への一本道 暑苦しくて とても不快
誰も皆 俯いて何かに没頭しながら
きっと不安を抱え 絶望の終着駅へと向かって行く

あと何メートル? 今すぐに帰りたい
ビルの間を抜けて 僕はしばらく鎖に繋がれる
19/09/19 21:34更新 / 清戸日向

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c