ポエム
[TOP]
優しいパンチ
シンプルな言葉の紡ぐ波紋

優しく殴られたはずなのに
芯まで響くのは何故だろうか
緩やかな一波一波が
心のひびを見つけて沁み込んでくる

きっと誰もがそうではなく
僕にしてもそうだ
今、この時だからこそ沁みるのかもしれない

まだ僕には伝える術はない
伝道師になんて
なれるはずもない
尖った言葉の切っ先に酔いしれている最中だ
だけれども
少しは知った気にはなれたのかもしれない

刺す喜びを擦りつけて
まあるく
まるく
包み込むように
沁み込ませるように

優しく殴れる人になりたい

19/11/03 19:14更新 / 九丸(ひさまる)

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c