ポエム
[TOP]
空に昇る

さっきお前だったものが

尻尾靡かせ風に巻かれて

やがて溶けていく

涙も出ずただ見送った

今日は空がきれいだ

流れる先がよく見える

きっと

明日もきれいだ


/

多分これをおもった人はなくなってると思います(ぁ
明日の天気を知るk気がありませんから
でもここから先を知るのはいいことなんですかどーなんですか
私は怖くて仕方がありません


/


誰も見てくれないと思いますけども原文をーば
これだけは自信作です
不気味ではないと思います!





もう会えないねさようなら


通りすがりの飛行機が茜空に線を引きました
彦星さまと織姫さまみたいに月様日様離れ離れ
瞬き時間が過ぎて雲は霞んでまたご対面
窓縁腰掛煙燻らせ少し羨ましく思いながら見てました

会えるように願うけど
きっと互いに誰かわからないね
二人そろって初対面

顔を知らない貴方名前を知らない貴方
今も元気にしてますか
呼んだって応える声はかえってこない
君が誰かわからないからもうどこにもないんだ

涙流せるほど感傷は抱けずに
ただじくじくと見えないところで血を流す
この痛みすら
いつか瘡蓋の下で癒えて
君のいない寂しさも忘れてしまうだろう

さようならもう会えないね
君が誰か知らないから
もしも
もしもまた会えてもわたし達は他人だね
もうそんな頃には何の感慨も湧かないね

お月さまが沈んでく
君がいない一日がまた過ぎていく
最後の煙吐き出し火を消して

/

届かない
どこにも届かない
きっと届かない

別に誰かにどうしてほしいわけじゃない
ただもうちょっと世の中そうどうにか
いい感じにまわってほしいってだけなんだ

届かない
どこにも届かない
きっと届かない
















そりゃそうだろ
お星さまじゃなくて誰かをみろよなぁ
19/11/12 04:54更新 /

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c