ポエム
[TOP]
誰が
それは悲劇
少し、天気が悪かった
遅い休憩
何気なくスマホを見て
雨が降るか降らないか
それだけなら良かった

それは悲劇
何故と声を出し
雨が降り始めるのに
時間はもう少しある

増え続けていく数字に
増え続けていく悲しみに
何故と問いかけた

たくさんの幸せを運び届け、
最後に送り返されたのが不幸とは

誰が知っていたというの
こんなこと誰が知っていたというの

19/08/26 22:25更新 / ケケ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c