ポエム
[TOP]
見ていた
空を
空をさ
見上げたんだ

僕の視界に入りきらない
大きな空を
ただ、単純に見つめたんだ

それだけで
目頭が熱くなって
首を下にした瞬間
流れ落ちてしまいそうになるから
必死になって
止めようとして

僕は空を見続けたんだ

零れないように
流さないように

僕は上だけを見ていたんだ
20/01/22 14:25更新 / なさか


■作者メッセージ
空は大きい
高いところにある


投票とランキングの停止、残念に思います。しかし、ごく一部でも不正に利用していた人がいるなら仕方ないのでしょう。今まで私の詩に投票をしてくださった方、本当にありがとうございました。
感想は停止になっていなくてよかったです。いつも感想くださる方ありがとうございます。これからもぜひ私の詩を読んで、感想をくださるとうれしいです。
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c