ポエム
[TOP]
ふたりで、この世界で。2


2 (あたしに会いさえすれば、)


なんか、
のら犬のつぶやきが聞こえるよ。
あたしに会いさえすれば、
なにかが変わるとか、
新生できるとか、
そんなの、
なにかから逃げてない?

あたし、
好きじゃない。

あなたは、
あなただけで立っているよ。
その足は、
しっかりと大地を踏みしめているよ。
あたしに愛想尽かされたって思うなら、
あたし、見返してやろうって、
思ってよ。
戦ってよ。
いざ、戦いになったら、
あたしは、絶対に、負けないけど。
せめて、怒ってよ。
あたしを、いまだに忘れられないとか、
ぶざまなセリフは、はかないで。
あたしが、惚れたのは、
そんなあなたじゃないから。

昔の戦場を描いた物語のハードな言葉に、

男には、戦わなくてはならないときが、2度ある。
1度は、好きな女を奪われたとき。
1度は、好きな女を殺されたとき。

ていうのが、あったけど、
自惚れでなければ、
あなたは、あたしを好いていてくれた?
のなら、
あなたからあたしを奪ったのは、
他ならない『あたし』だよね?
なら、
あの、昔の誓いを知っているものなら、
あなたはあたしと戦わなくてはならない。

さあ!おいで。
あなた、可愛がってあげるわ。

あたしは、ここよ、
ここにいるわ。

見つけだしなさいよ、
ちゃんと、捜し当てるのよ?

あたしは、ここよ、
ここにいるわ。
ここで、あなたを待ってるわ。

ええ、
誰にも殺されずに、待ってるわ。

じごくの女と、呼ばれながら、ね?



あなたにもう一度会える日だけを
楽しみに、ね?





ええ、
ずっと、待っているから。






19/07/21 20:30更新 / 花澤悠

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c