ポエム
[TOP]
anywhere
どこへでもいこう
硝子を飲み込んで
 が居た夜の港
 が見た海辺の街
 が焦がれた沈まぬ太陽の中
 が消したビルの上空
 が選んだ枯れない花畑
 が入った穴だらけの牢屋
 が沈んだあの日の海の写し
机に転がった澄んだ瞳と対峙する
瞳が燃える
「嘘吐き。」
「まだそこにいるじゃない」
『今行くよ』

あなたがいたならどこへでも。
19/01/09 00:05更新 / 辻葉冷弧

■作者メッセージ
自分がまだそこにいることに気付いたって動けやしないよ。

何だろ、これ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」