ポエム
[TOP]
『或る二月のいちにち』
 左手を伸ばして
 想いの欠片を受け取り
 右手を伸ばして
 乾燥した手を握る

 そんな所作をずっと続けて
 虚無感ばかりの今を知り
 そんな思い込みをずっと続けて
 やはりほんとはないと知る

 手が、実体を感じる日は
 いつか来るのでしょうか。
19/02/14 20:59更新 / Seventh in C.H.S.

■作者メッセージ
今日は男が女から「想いの欠片」を受けとる日
結局、欠片は空想にとどまった

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c